犬のビワの葉温灸

凝り固まった筋肉は「固まって動けていない」「動けないから血行も悪い(冷えている)」状態です。整体はその凝り固まった筋肉に圧を加えて刺激を与え、動けるようにし、血流を促します。なので整体と「芯まで温まる温熱効果」が期待できるお灸はとても相性も良く、同時に行うことで相乗効果も期待されます。

 

「お灸」と「温灸」の違い

お灸療法の分類違いです。
「お灸」は直接もぐさを皮膚に乗せる療法で、ピンポイントで強い熱刺激を与えますが、「温灸」は皮膚の上に直接乗せるのではなく皮膚から離したところでもぐさを燃焼させて、面で温めるのでリラクゼーション効果も高い療法です。

「温灸」はイメージとして「空気を挟んでお灸する」感じになりますので、ワンコにも安全に使えるお灸です。

 

もぐさって何?

もぐさは、食べて/飲んで/塗って/浸かって/燃やして/嗅いでヨシの万能の天然生薬、ハーブの女王とも呼ばれているヨモギから作られたもので、ヨモギの葉の裏の腺毛を集めたものです。
ヨモギにはほうれん草の約3倍の食物繊維、造血作用、貧血予防・改善に作用するとされるクロロフィル、酵素、ビタミン、ミネラル(鉄分、カルシウム、マグネシウム)が多く含まれています。昔から「何にでも良く効く万能薬」と言われていて、漢方の生薬として用いられています。

ヨモギの有効とされている利用効果
止血/抗菌/消炎/保湿/血行促進/鎮痛/咳・喘息の去痰/整腸/口腔ケア/冷え改善

 

芯までカラダを温めるビワの葉温灸

カラダを温める熱には「乾熱」と「湿熱」の2種類があります。「乾熱」はカイロやハロゲンヒーター、あんか等のように水分を含まない乾燥した熱で、「湿熱」は温泉、風呂、湯たんぽ等のように水分を含んだ熱です。水分を介して温める方が熱伝導率が高いので早く温まり冷めにくいという特徴があります。
なのでワンコには素早く長く効くこの「湿熱」で、リラクゼーション効果も高く、また安全面でも毛を焦がしてしまう心配がない「温灸」をするのがオススメです。
ビワの葉温灸はビワの葉エキスをカーゼに染み込ませて湿熱で温灸をするので、深くじんわりとカラダを温めていきます。
ビワの葉にはアミグダリン、タンニン、サポニン、クエン酸、ブトウ糖などが多く含まれており、ヨモギ同様に昔から「何にでも効く万能薬」と言われ漢方の生薬として用いられています。

ビワの葉の有効とされている利用効果
抗酸化/消炎/整腸/抗菌/疲労回復/咳・喘息の去痰/利尿/鎮痛

BONJOURで使用している「ビワの葉エキス」は無農薬のビワの生葉を半年以上ホワイトリカーに漬け込んでビワの葉成分を抽出した熟成ビワの葉エキスを使用しています。
また、火は使いますが煙がほとんど出ない炭化させたもぐさを利用しますので、煙が室内にこもってしまうというご心配もありません。
※煙や匂いが全く出ないということではありませんが、従来のお灸と比べるとその差はかなり大きいです。

動物への温灸で有効とされている利用効果
気血の巡り改善/温熱による腰痛対策/冷え/消化器障害/泌尿器障害


【ご利用料金】

ー整体との併用オプションとなります   10分 1,000円
(別途交通費加算あり。交通費についてはこちらの頁末参照)