日々の生活習慣が良くも悪くもカラダを変える

動きが鈍くなってくることを「加齢の為の筋力低下」と諦めないであげてください。

例えば…
毎朝のジョギングを日課にしている、スポーツクラブに通いスタジオプログラムに積極的に参加している…という70代のヒトと、動くのが億劫だからと家でじっとしている時間が長くなっている70代のヒト。
同じ70代ではあるけれど筋量には随分と差がありそうだということは容易に想像ができるかと思います。
このような生活を今後もずっと続けていたら80代になった頃には…もっと差がついていそうですよね。

筋力は加齢と共に減少傾向にはなりますが、使っていればそれは緩やかに、使わなければ急降下していくということでしかありません。

筋力低下は年齢のせいとは決して言い切れないのです。
ワンちゃんだって同じです。
日頃の生活の中で筋肉をしっかり使ってもらいましょう。

お散歩は日頃の立派な運動、筋トレです。
特に高齢期に入ったワンちゃんにとって運動機能の維持向上を図っていく事はQOL(生活の質)の向上にもつながってきますので、楽しくウォーキングのお付き合いしてあげて下さい。(ワンちゃんと飼い主さん。ふたりにとっても良い成果をあげられるはず。まさに一石二鳥ですね)

 

スポーツドックのメンテナンスとしても

犬もヒトも、カラダの「形」は筋肉が作り、またその筋肉はカラダの「動き」を作っています。

カラダを変えるには筋肉へのアプローチがやはり欠かせないのです。

形が変われば動きが変わります。
動きが変われば形も変わります。

なので、例えばスポーツドックとして活躍されているワンちゃんでしたら、日頃のメンテナンスとして整体をプラスする事により怪我や故障の予防、関節可動域の維持向上につなげていくことができます。また成績の向上も大いに期待する事ができるでしょう。